BSIMM11をダウンロード

セキュリティに科学を導入

バージョン11を迎えたBSIMM

セキュア開発成熟度モデル(BSIMM)は、ソフトウェア・セキュリティ・イニシアティブ(SSI)の精密な分析を通じて開発されたデータ駆動型モデルであり、アプリケーション/製品セキュリティ・プログラムとも呼ばれます。BSIMM11は、SSIのための詳細かつ洗練された「評価軸」の進化を表す最新版です。

9業種に属する130の参加組織によって提供された実際のデータの分析によって以下の傾向が明らかになりました。

  • エンジニアリング主導のソフトウェア・セキュリティの取り組みは、レジリエンスを追求するDevOps バリュー・ストリームへの貢献に成功しています。
  • ソフトウェア定義によるセキュリティ・ガバナンスは、もはや単なる願望ではありません。
  • レジリエンスを追求する中で、セキュリティが品質プラクティスの一部となり、さらに信頼性の一部として認識されるようになっています。
  • 「シフト・レフト」は「シフト・エブリウェア」へ

BSIMM11を今すぐダウンロードし、これらの調査結果を詳しく検討して、SSIを成功させるために不可欠なアクティビティをご確認ください。

BSIMM10

最新のBSIMMをダウンロード