BSIMM12をダウンロード

セキュリティに科学を導入

BSIMM12

セキュア開発成熟度モデル(BSIMM)は、ソフトウェア・セキュリティ・イニシアティブ(SSI)の分析を通じて開発されたデータ駆動型モデルであり、アプリケーション/製品セキュリティ・プログラムとも呼ばれます。2021年11月に発表されたBSIMM12 日本語版は、ソフトウェア・セキュリティのための詳細な「評価尺度」の進化を表す報告書の最新版です。

9業種に属する128の参加組織のデータを分析した結果、以下の傾向が明らかになりました。

  • 現在使用されている上位5つのソフトウェア・セキュリティ・アクティビティ
  • オープンソース、クラウド、コンテナのセキュリティに関する取り組みの顕著な発展
  • サプライチェーン、ランサムウェア、その他の新たなトレンド
  • アプリケーション・セキュリティ・プログラムを進化させるために採用が推奨される主な対策

BSIMM12を今すぐダウンロードして調査結果の詳細を確認し、その結果を組織のソフトウェア・セキュリティ・イニシアティブの立ち上げ・改善に役立てる方法をご覧ください。

最新のBSIMMをダウンロード